ベッドブログ

家の中で完結するブログです。

コミュニケーション能力についての考察


1.コミュ力神話について
  コミュ力とは、一般に言うコミュニケーション能力のことだ。
コミュニケーション能力がある人は、他者との交流が上手く、交友関係を築く能力に優れている。また、その能力を活かして組織内では他人と他人との間を取り持つことで潤滑油としての役割を担う。まさにチームワークを行うにうってつけの人物像である。
今回のブログでは、このコミュ力神話を真っ向から否定し、コミュ力などというものがいかに虚無的で都合の良い言葉であるかを解説していきたい。
 
2.今朝、電車で出会ったコミュ障
  今日の朝、いつものように会社へ向かっていた。
僕の家から駅までは歩くと15分ほどかかる。普段であれば電車が最寄駅に到着する15分前に家を出るのだが、今朝はなんとなくやる気がなかったので10分前に家を出た。
駅まで15分かかるのに10分前に家を出ては、当然いつものペースで歩いていては間に合わない。となると、少し小走りで駅に向かう必要があるのは自明だ。
しかし、僕はいつも朝考えていることを思い出した。
よく朝に駅まで走っている人を見ると、「この人は何故走っているのだろう。寝坊したのだろうか。おそらく走れば間に合う程度の時間差なのだからたいした寝坊ではないはずだ。であれば何故もう数分早く家を出なかったのだ。数分早く家を出るのと、今こうして走ることのどちらが彼・彼女にとってのストレスなのだろう。なんて愚かな人間なのだろう」
上記のように普段考えている自分を思い出し、僕は小走りで駅に向かうことを諦め、電車を一本遅らせることに決めた。
さて、本題はここからだ。いつもより遅い電車に乗ると、普段の電車より一回り乗車人数が少なく、心なしか弛緩した空気が漂っていた。その空気を発している主な原因は、ある2人組の男女だった。
おそらく昔からの顔なじみで、ひさしぶりに偶然電車で再会したらしい2人は、朝っぱらだというのにハイテンションでトークに花を咲かせていた。
男はどこかの会社で研究職をしているらしく、自分の研究について誇らしげに、得意げに女性に向かって語っていた。専門用語をふんだんに使って展開される話に女性は明らかに困惑しており、適当に相槌を打ちながらその場が解散されることを待ち望んでいるように見えた。
僕はそんな光景を見てある疑問が浮かんだ。僕は自分が一般的に言うコミュ障であるという自覚がある。何故なら僕は仲の良くない他人と話すときに何を話していいか分からなくなってしまったり、話しても上手く会話が楽しい方向へと進んでいかないという経験があまりに多く、今では他人との会話をなるべく避けながら生活するコミュニケーションモグラのような人間だからだ。
ここで僕の脳裏に浮かんだ疑問とは、コミュ障な「僕」と、コミュ障な「理系の彼」は、果たして同じコミュ障という言葉で片付けられるのだろうかというものだ。相手にコミュ障だという判断を下されるという点では僕と理系の彼は同じだが、本質の部分まで考えを掘り下げていくとどうもそこには決定的な違いがあるような気がする。
前置きが長くなったが、このブログでは僕のようなコミュ障を「文系的コミュ障」、理系の彼のようなコミュ障を「文系的コミュ障」と分類したうえで論を展開していく。

3.文系的コミュ障
例えば、太宰治ドストエフスキーが現代に蘇り、社会人として実社会生活を送るとする。彼らは一般に言うコミュニケーション能力が高い存在に相当するだろうか。僕の印象からすると、彼らは確実にコミュ障と呼ばれ他人から困った人としての烙印を押されるだろう。
何故なら彼らは自分の考えや他人の考えについて繊細過ぎるからだ。ビジネスを行う際に、彼らのような繊細な心持ちでは仕事が成立しない。
例えば、新入社員の太宰くんがあなたの部署に配属されてきたとして、何か雑用をやることになったとき、先輩であるあなたが「あ、それは僕がやっておくよ!」と太宰くんへの気遣いをしたとしよう。本来であれば太宰くんが新入社員だからといって、雑用をやらせたんじゃ可哀想だからあなたはそうした行動を取ったつもりが、太宰くんはそうは思わない。
「あれ、もしかして、俺ってこんな雑用すら任せられないほど信用されてないのかな。というか何かミスしてるのかな。ミスしてるけど気を使って俺には伝えていないのかな。もしかして俺ってこの会社に必要とされてないのかな。この人俺のこと嫌いなのかな」
色々考えるだろう。色々考えた結果、1年後には確実にこの会社から太宰くんは消えているだろう。
文系的コミュ障とは、この事である。いわゆる忖度する能力が非常に高く、相手の言動、行動に対して、その相手の考えが及ぶ域を超えてしまい、結果としてコミュニケーションを上手くとることが出来ない。つまり、文系的コミュ障は作者の気持ちを考えることが得意で、つい相手の行動の意図から複数パターンの可能性を考えてしまうが故にコミュニケーションに対して消極的になってしまう。

4.理系的コミュ障
今朝、僕が電車で出会った研究職の彼はまさしく理系的コミュ障である。自分が話していることを相手が理解しているか、前提知識を持っているかについて無頓着なために会話している相手を置いてきぼりにしてしまう。アスペルガー症候群的な素養を持つ。
彼らは基本的に自分の欲求さえ満たすことが出来ればそれで満足であり、会話している相手がどう思っているかなどということはどうでもいいと考えている。そのため、一方通行な会話になりがちで、一見楽しく会話しているように見えて、後でTwitterで悪口を書かれるタイプである。
文系的コミュ障は相手の気持ちを考え過ぎる。理系的コミュ障は、相手の気持ちを全く考えない。
実は同じコミュ障でも、逆方向の問題を備えているのではないかという疑問が僕の中に生まれたのだ。

5.コミュニケーション能力が高い人
では、コミュニケーション能力が高い人というのは、どういう人だろう。
僕のこれまでこ人生で、コミュニケーション能力が高い人の典型例に2度遭遇したことがある。1人は男性で1人は女性なのだが、彼らは相手の立場など一切関係なく話しかけることが出来る人だった。
かたや誰もが恐れる先生とさも当たり前のように仲良くなり、かたや誰彼構わずナンパを繰り返す人間。僕からすると全く理解できない存在だったのだが、彼らからしてみれば話しかけて失敗したところで特にデメリットは無い、と考え、ごく自然な立ち振る舞いとしてそれが出来たのだと思う。
彼らは今後も当然のように誰にでも話しかけ、当然のように社会的に良い立場へと上り詰めていくだろう。

6.コミュニケーション能力が高い人と理系的コミュ障との差
さて、ここで僕の中でまたさらに疑問が生まれた。先ほど例にあげたコミュニケーション能力が高い彼らだが、一歩間違えば理系的コミュ障となんら変わらない存在なのではないか、ということである。
理系的コミュ障は、相手がどう思うかを気に留めず、自分の衝動だけで会話を展開させていくことがコミュ障たる所以である。一方のコミュニケーション能力が高い人も、相手がどう思うかを考慮せずにどんどんと話しかけていくことが出来ることで理系的コミュ障と酷似している。
ではこの2組の決定的な違いは何なのか。それは話している内容である。話している内容でしかない。
今朝、僕が電車で見た理系的コミュ障は、何故話し相手の女性から怪訝な態度を取られていたのか。話している内容が(女性にとって)つまらないからである。
何故、コミュニケーション能力の高い彼らが社会的に認められていくのか。話している内容が面白いからである。
仮に理系的コミュ障の彼が超絶イケメンで、彼の話す内容がイマドキ女子の心を捉える美容ファッション芸能人ペットその他諸々であったならば、彼はいまごろコミュニケーション能力が高いホストとして本でも書き上げていたかもしれない。
でもそうはならない。何故なら彼の話は超絶つまらないからである。

7.まとめ
飽きたのでこの記事はここまでにするが、とにかく僕が言いたかったのは、コミュ力の高さというのはいかに世間的価値観に身を合わせるかということであり、個性とは程遠いところにあるくだらない多数決原理であるという話だ。例えば理系の彼の研究がものすごくイマドキ女子の心を掴む内容だったなら、彼はコミュ力が高いし、そうじゃないからコミュ力が低いとみなされる。そういう話である。
逆に文系的コミュ障というのは、うまくすれば相手の気持ちを察することに特化したコミュニケーションの達人、カウンセラーなどに向いている可能性すらある。しかしそうはならないのは、文系的コミュ障の忖度能力に社会の平均水準が追いついてないからである。つまりは、社会平均こそがコミュニケーション能力が高いということの正体である、というただそれだけを言いたい記事。それがこれ。以上

近年の格闘ゲーム業界の少年漫画性について

 前回のブログでも記事にしたように(下記URL参照)、近年の格闘ゲーム業界は、ときど、ウメハラという二人プロゲーマーを中心に少年漫画さながらの盛り上がりを見せている。

spansees.hatenablog.com

 おそらくこの記事はアクセス数が伸びると思う。

なぜなら現在のストリートファイターⅤのプロゲーマーたちが織り成す物語を、まるでフィクションの少年漫画のように楽しんでいる視聴者が多数いるはずだからだ。

 

 現在の世界を取り巻く格ゲーシーンは、遡れば一人の中学生、梅原大吾格闘ゲームに魅了され、ゲームセンターに入り浸るところから始まる。

 梅原という男が語られる時、必ず言われるのは、当時のゲームセンターといえば社会不適合者が逃げ場を求めて集まるところだったという昔話だ。当時の梅原も、義務教育時代から学校というものに違和感を感じていたと自著で述べているように、当時からやはり社会にはあまり馴染まない性質を持っていた。そして吸い込まれるようにゲームセンターに身を投じていた。

 そんな梅原は、大人ばかりのゲームセンターで真摯にゲームに取り組み、なんと14歳にして日本一になる。高校生の頃には全国放送のテレビ番組で特集が組まれるほど話題性のある大会で世界大会を優勝。それからもあらゆる大会で勝ちまくった。

 

 余談だが、今から10年ほど前、2D格闘ゲームから縁遠かった僕でもやはりウメハラといえば世界最強の格闘ゲーマーであり、ゲーム界の神であるという認識だった。

当時からウメハラの存在はもはやゲーム業界を飛び出すほど神格化されていたという一例だ。

さらには、当時のウメハラを筆頭とする5人のトッププレイヤーは格ゲー5神と呼ばれ、他の追随を許さぬ圧倒的なプレイで人気を博していた。また、この5人は後に全員が企業からスポンサードされ、社会不適合者と呼ばれた日本格ゲー業界が誇る「プロゲーマー」のパイオニアとなる。

 

 17歳の世界大会優勝から、梅原は格ゲー界の神の名を欲しいままにしていたが、22歳の時にゲームに人生を賭けることに挫折し、麻雀の世界へと移行することとなる。

麻雀の世界でも挫折を味わい、25歳の時に梅原は介護職に就く。格闘ゲームをやらせれば世界に名を轟かせる神であるにも関わらず、当時の梅原が介護職に就かざるを得なかったのは日本教育の非常に恐ろしい価値観の共通化であるところは間違いないが、それはまた別の話にしよう。とにもかくにも梅原は介護職員として数年の間、勝負の世界から姿を消した。

 

 2009年、梅原が介護職員として2年目を迎えた頃、梅原を神たらしめていたゲームタイトル「ストリートファイター」の新作が発売。梅原は友人の誘いに乗り、ゲームセンターに再び通うようになると、瞬く間に全国ランキングで1位になる。

しばらくして、梅原は世界大会に招待されることになるのだが、そこでも優勝。さらには、世界最大の格闘ゲーム大会EVOLUTIONでは、2009,2010年と2連覇。梅原はこの一連の流れで企業からスポンサードを得て、日本人初のプロゲーマーとなる。

 

 一方で、格ゲー5神の一人、東京大学に在学中だった「ときど」も、梅原の後を追う形でプロゲーマーとなる。また、格闘ゲーム業界の少年漫画性という今回のタイトルの記事を書くにあたり、ときどの存在は非常に重要だ。なぜならこの漫画の主人公は、梅原ではなくときどだからだ。

 

 ときどは、合理的ゆえに勝負弱いという印象が一般的だった。おそらく格闘ゲームが合理性のみを追求するゲームであればときどの勤勉な性質を持ってすれば誰も敵わないほどのプレイヤーだっただろうが、この世界は違った。

トッププロの梅原をはじめとして、本当のトップ層が何を考えているのか全くわからない。まさしく格ゲー業界は獣道そのものだった。そこではときどの勤勉な性質はむしろ仇となり、強いは強いけど最強ではないという雰囲気が立ち込める結果となってしまった。

 

 ときどがプロになったのは2010年頃のことだが、それから数年の間ときどは研鑽を積み続ける。そして2017年、転機が訪れる。

いかにときどの本質が合理的で意外性が無い動きだとしても、2017年にもなると、既にときどは格ゲー業界でバケモノの領域に到達していた。まさしく努力によって自分の弱点を克服し、本来持つ合理性と勤勉さという特殊能力を掛け合わせてEVOLUTION2017で優勝したのだ。

 

 この年のEVOLUTIONは、おそらく格ゲーファンにとっては生涯忘れることが出来ないほど劇的な展開だった。

当時、世界最強と言われたアメリカの若手プレイヤー「punk」があらゆる大会でトッププロたちを蹂躙し、優勝トロフィーをかっさらっていた。彼はおそらく今でも人間性能だけをとれば梅原やときどを大きく上回るほど人間離れした反射神経を持っており、その年のEVOLUTIONも2000人以上が参加する2本先取のトーナメントで、1セットも落とすことなく10連勝以上の勝ち星を積み重ねて決勝まで駒を進めた。

 

 ちなみにストリートファイター5というゲームは、安定性という面では各所でクソゲーと呼ばれるほどに実力が反映されにくく、梅原を含む世界のトッププロが軒並み成績を落とすようなゲーム性である。

にもかかわらず、punkは無敗のまま決勝に到達するという、前評判ですら予想が出来ないほどの結果を出した。これは逆説的にpunkが圧倒的なまでに世界最強プレイヤーであることを表しており、もう誰もpunkに勝てるわけが無いという雰囲気が漂っていた。

 

 しかし、みなさんご存知の通り、敗者復活戦から死闘を重ねて勝ち上がってきたときどが決勝でpunkに勝利したのだ。

この時、誰もが現実にこんな少年漫画のようなことが起こるのかと驚き、感動したはずだ。

 

 例えば高校野球の世界はどうだろう。甲子園で優勝するのは大方それまでのトーナメントを圧倒的に勝ち進んできた学校ではないだろうか。テニスもバスケも何もかも、現実世界では強い方、才能がある方が勝つ。

しかし、才能を覆すほどの圧倒的展開を見ることができるものが、この世には2つだけある。それは、少年漫画と、格闘ゲーム業界だ。

 

 格闘ゲーム業界ではそれこそ日常茶飯事と言って良いほど、逆転が起こる。それはおそらくゲーム上の性質の問題、有利不利の状況が移り変わりやすいことからもたらされるのであろうが、とにかく視聴者にとってみれば誰が勝つのか全くわからなくて面白い。

 

 そして、それほど逆転ばかりが起こり、結局誰が強いのか分からないのかと言えばそうではない。10本先取の長期戦をやると、梅原大吾を倒せるプレイヤーは未だに存在しないのだ。

 

 昨日の梅原vsときどの10本先取の勝負でも、やはりときどは梅原に敵わなかった。今回の勝負でときどが勝てば、この漫画は一つ話が終わるところだったと思う。しかしながら今回も梅原が圧倒的な勝利を見せ、物語がまだまだ続いていくことが決まった。

 

 ときどは今後もますます実力をつけ、梅原の立場を脅かすだろうが、それ以外にも魅力的な登場人物が山ほどいるこの業界、今後も全く目が離せない。

 

日曜日の夜が憂鬱なサラリーマン 努力が虚しい現実について

 昨日、格闘ゲーム界の伝説的試合、ウメハラvsときどの試合をブログにしたところ、思いの外google検索からのアクセス数が伸びていたので、今日もブログを更新しようと思う。

spansees.hatenablog.com

 昨日の記事が伸びた一要因として考えられるのは、タイムリーな話題であったことだと思う。ときどの涙を見て、なぜか情熱が僕に伝播してきて、何もしていない自分が恥ずかしくなり、せめてブログくらいは書こうという気になった。

 今回もまたタイムリーな何かを書いてみてアクセスがどう伸びるか実験したいと思ったのが、記事執筆の動機だ。そして、今最も僕の中でタイムリーな話題、それは、明日が月曜日だという逃れられない宿命についてだ。

 

 昨日も書いたことだが、正直なところ、僕は今サラリーマンとして働いていて、涙が出るほど真剣に仕事をしているかというとそうではない。時折、あまりの理不尽に心が折れそうになる事はあっても、何か失敗したとか、悔し涙を流すようなタイミングは一切無い。おそらく今後も無いと思う。なぜならそれほど真剣に取り組んでいないからだ。

 

 比較対象としての例を出す。例えば、仕事で悔し涙を流す人がこの世の中にはひょっとしたらいるのかもしれない。おそらくそれは、自分では制御が効かない仕事を自分で制御したいと思って取り組んでいる人なのかなと思う。

 どういう根拠でそんなことを言っているかというと、制御が効く仕事でミスや失敗をしたところで、次はしなければいいと思うだけである。また、制御が効かない仕事でミスや失敗をしても、そりゃ制御が効かないんだから仕方ないと思うだけである。

 つまり、仕事で悔し涙を流すためには、自分の力で上手くいくかはわからないが、そのことについて真剣に取り組む必要があるのでは無いかと思っている。言い換えると、自分なりのチャレンジ精神を持って取り組む事が重要なのだと思う。

 

 ただ、僕が今やっている仕事などは、いかに努力しても大きな流れの中の現段階における一要素を維持・継続することが目的であるため、どうしても虚しさを感じてしまう。

 努力が虚しいという仕事というのは、僕が短いサラリーマン生活で気づいた最も悲しい現実だった。

 

 明日になると、また朝早起きして、出勤して、現段階における売り上げを維持するための仕事をして、帰って寝てまた次の日に備える。このことを半永久的に繰り返すことを求められている。

 それを繰り返していて、会社が自分の面倒を見てくれるのならいいが、今の経済的状況と、業界的な状況を鑑みると、確実にいつか変化を求められるタイミングが来る。そのタイミングはなぜ今ではないのかという理由を正確に答えられ無い事が一番辛い。

 

 少なくとも正当な努力をできる仕事であればここまで虚しくなかったのでは無いかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメハラVSときど 獣道弐で実現したドリームマッチ ときどの涙を考察する

 

2018年3月10日、土曜日。

日本で最も人気と実績があるプロゲーマー、ウメハラの個人配信企画「獣道 弐」にて、ストリートファイターⅤでのウメハラvsときどの10本先取が行われた。

 

ときどといえば、evolution2017にて世界最強と呼ばれていたpunkを決勝で倒しての優勝。年末のカプコンカップでは準優勝。近年世界で最も活躍しているプロ格闘ゲーマーである。

 

今回の企画は、長年世界の頂点に君臨しているウメハラを、今一番ノっている男、ときどなら倒せるのではないか、という期待の元、世界中の格ゲープレイヤーが息を飲んで視聴していた。

 

Twitterで行われた事前勝敗予想アンケートでは、70%近くがウメハラの勝敗を予想したものの、それでも30%の視聴者はレジェンドであるウメハラではなく、ときどを支持するほどに、ときどの近年の実績は目を見張るものがあった。

 

そして始まった10本先取の試合。

ウメハラの操るガイルが、ときどの操る豪鬼を圧倒。

瞬く間にカウントは9対3になりウメハラがリーチ。ときどもそこから粘りを見せ、2本を取り返して9-5までカウントを戻すも、最後はあっけなくウメハラの前に敗れてしまった。

 

印象的だったのは、最後のインタビュー時にときどが流した大粒の涙である。

 

実況のアールからマイクを差し伸べられ、コメントを求められたときどは、数秒の間をあけて声を震わせながらこう答えた。

「そうですね。ゲームの中でくらいは勝ちたかったんですけど。また出直してきます」

 

それだけの短いコメントであったが、その声色から、ときどの苦しみは全視聴者に伝わったのではないだろうか。直後、ウメハラが試合後のコメントをしている際、ときどは両目からボロボロと涙をこぼしながら俯いていた。

 

この時、なぜ、ときどは泣いたのだろうか。

 

evolutionで優勝した時も、カプコンカップの決勝で負けた時もときどは涙を流しはしなかった。それどころか、勝っても負けても自分の取り組みの結果に右往左往しないだけのストイックな練習と、心の強さが彼の表情には現れており、彼の活躍を期待している我々にとってもそのようなときどは頼もしかった。

 

それなのに今回のときどは本当に辛そうだった。

 

ときどは元々世界のトップかと言われれば「まあウメハラとは違うよね」という印象を持たれるプレイヤーであったと思う。強いけど、ウメハラのような得体の知れない強さではなく、真面目に攻略を積み重ねて、誰よりも練習して、勝っている。

 

応援している側からすれば、ウメハラがなぜ勝っているのかはよくわからないが、ときどが勝っているのは、ものすごい量の練習をしているからだろうとなんとなく感じる、天才型というよりは努力型。そんなプレイヤーだった。

 

しかし、ときどは年齢を重ねるごとに自分の取り組みに変化をつけることで実力をつけていった。賞金の高額化に伴いどんどんと進化していく格ゲー業界においても、業界の進化の速度を明らかに上回るほど、ときどは成長していった。

 

いつしかときどは努力型などという簡単な言葉では片付けられないほどのプレイヤーになり、今ではもうウメハラなんかよりときどの方が強いと思ってしまうほどに強くなった。

 

そうして迎えた今回の勝負。

ときどは、この勝負が行われると発表された2か月前からウメハラとガイルの対策を進めてきたはずだ。それほどこの勝負の意味するものは大きいし、ときどはそういう男であるからだ。

 

それでもウメハラには敵わなかった。

ときどは思ったはずである。数年前、たしかに自分とウメハラとの間には大きな差があったが、自分はウメハラのそういった正体不明の強さを手に入れるために、あらゆる変化を受け入れ、あらゆる努力をしてきた。そして最高の状態で挑んだのに負けてしまった。

 

ときどの喪失感は、我々の想像も及ばないほど大きかったのではないだろうか。

 

なにはともあれ、非常に心に残る配信だった。

奇しくも以前、ときどのパートナーであるところのマゴ選手があるキャラクターに勝つための対策を完璧に立てたにも関わらず、カプコンカップでそのキャラクターに負けて泣いたということがあった。その際、マゴが泣いている姿を見て、ウメハラも泣いたと配信で話していたことがあった。

「俺は何なら泣けるんだろう」と思ったら泣けてきた。と話していた。

 

今回、いち視聴者としてときどの敗北と泣いている姿をみて、「俺は何なら泣けるんだろう」の意味が分かった。

ときどほど何かに対して情熱的に打ち込んで、その結果が悪かったときに堂々と悔し涙を流せるような男に自分もなりたいと心から思ったイベントだった。

 

 

 

 

過去の名作を慈しむ『ターミネーター』

 1984年に上映されてから2017年現在に至るまで、映画界屈指の知名度を誇り続ける『ターミネーター』。世界で最も有名な映画といえば何を思い浮かべるか、という質問をすれば、100人中1人くらいは『ターミネーター』と回答するのかな。

 そんな『ターミネーター』だが、2015年には第5作目となる、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』なるものが上映されていたらしい。愚かな諸君の中には、『ターミネーター』は見たことないけど『ジェニシス』は見たことあるという者もいるのではないだろうか。

続きを読む