ベッドブログ

家の中で完結するブログです。

ウメハラVSときど 獣道弐で実現したドリームマッチ ときどの涙を考察する

 

2018年3月10日、土曜日。

日本で最も人気と実績があるプロゲーマー、ウメハラの個人配信企画「獣道 弐」にて、ストリートファイターⅤでのウメハラvsときどの10本先取が行われた。

 

ときどといえば、evolution2017にて世界最強と呼ばれていたpunkを決勝で倒しての優勝。年末のカプコンカップでは準優勝。近年世界で最も活躍しているプロ格闘ゲーマーである。

 

今回の企画は、長年世界の頂点に君臨しているウメハラを、今一番ノっている男、ときどなら倒せるのではないか、という期待の元、世界中の格ゲープレイヤーが息を飲んで視聴していた。

 

Twitterで行われた事前勝敗予想アンケートでは、70%近くがウメハラの勝敗を予想したものの、それでも30%の視聴者はレジェンドであるウメハラではなく、ときどを支持するほどに、ときどの近年の実績は目を見張るものがあった。

 

そして始まった10本先取の試合。

ウメハラの操るガイルが、ときどの操る豪鬼を圧倒。

瞬く間にカウントは9対3になりウメハラがリーチ。ときどもそこから粘りを見せ、2本を取り返して9-5までカウントを戻すも、最後はあっけなくウメハラの前に敗れてしまった。

 

印象的だったのは、最後のインタビュー時にときどが流した大粒の涙である。

 

実況のアールからマイクを差し伸べられ、コメントを求められたときどは、数秒の間をあけて声を震わせながらこう答えた。

「そうですね。ゲームの中でくらいは勝ちたかったんですけど。また出直してきます」

 

それだけの短いコメントであったが、その声色から、ときどの苦しみは全視聴者に伝わったのではないだろうか。直後、ウメハラが試合後のコメントをしている際、ときどは両目からボロボロと涙をこぼしながら俯いていた。

 

この時、なぜ、ときどは泣いたのだろうか。

 

evolutionで優勝した時も、カプコンカップの決勝で負けた時もときどは涙を流しはしなかった。それどころか、勝っても負けても自分の取り組みの結果に右往左往しないだけのストイックな練習と、心の強さが彼の表情には現れており、彼の活躍を期待している我々にとってもそのようなときどは頼もしかった。

 

それなのに今回のときどは本当に辛そうだった。

 

ときどは元々世界のトップかと言われれば「まあウメハラとは違うよね」という印象を持たれるプレイヤーであったと思う。強いけど、ウメハラのような得体の知れない強さではなく、真面目に攻略を積み重ねて、誰よりも練習して、勝っている。

 

応援している側からすれば、ウメハラがなぜ勝っているのかはよくわからないが、ときどが勝っているのは、ものすごい量の練習をしているからだろうとなんとなく感じる、天才型というよりは努力型。そんなプレイヤーだった。

 

しかし、ときどは年齢を重ねるごとに自分の取り組みに変化をつけることで実力をつけていった。賞金の高額化に伴いどんどんと進化していく格ゲー業界においても、業界の進化の速度を明らかに上回るほど、ときどは成長していった。

 

いつしかときどは努力型などという簡単な言葉では片付けられないほどのプレイヤーになり、今ではもうウメハラなんかよりときどの方が強いと思ってしまうほどに強くなった。

 

そうして迎えた今回の勝負。

ときどは、この勝負が行われると発表された2か月前からウメハラとガイルの対策を進めてきたはずだ。それほどこの勝負の意味するものは大きいし、ときどはそういう男であるからだ。

 

それでもウメハラには敵わなかった。

ときどは思ったはずである。数年前、たしかに自分とウメハラとの間には大きな差があったが、自分はウメハラのそういった正体不明の強さを手に入れるために、あらゆる変化を受け入れ、あらゆる努力をしてきた。そして最高の状態で挑んだのに負けてしまった。

 

ときどの喪失感は、我々の想像も及ばないほど大きかったのではないだろうか。

 

なにはともあれ、非常に心に残る配信だった。

奇しくも以前、ときどのパートナーであるところのマゴ選手があるキャラクターに勝つための対策を完璧に立てたにも関わらず、カプコンカップでそのキャラクターに負けて泣いたということがあった。その際、マゴが泣いている姿を見て、ウメハラも泣いたと配信で話していたことがあった。

「俺は何なら泣けるんだろう」と思ったら泣けてきた。と話していた。

 

今回、いち視聴者としてときどの敗北と泣いている姿をみて、「俺は何なら泣けるんだろう」の意味が分かった。

ときどほど何かに対して情熱的に打ち込んで、その結果が悪かったときに堂々と悔し涙を流せるような男に自分もなりたいと心から思ったイベントだった。